白内障目薬/日進月歩の医学が生み出した奇跡の目薬がここに登場

白内障目薬

白内障目薬

 白内障を患った方で、やはり、幾つかある治療法の中から手術という選択をする方も居ると思います。

 

今回、目薬からは少し脱線しますが白内障の治療費について述べて行きます。

 

白内障手術に掛かる費用は日帰りで片目のみで3割負担の患者さんで、凡そ平均的に¥54,000とされてます。

 

但し術前検査等の費用も含めますと凡そ¥62,000程となっております。

 

「低所得者」の方も安心してください。今は申請して通れば「限度額適用・標準負担額減額認定証」を貰えるので、それを受診した病院の窓口に提示すれば負担額は大きく抑えられ安心して治療が受けれます。

 

 

因みに「多焦点眼内レンズ(先進医療)」を希望される場合の金額を参考までに挙げておきます。

 

術前検査等の費用は凡そ6千円で変化は無いのですが3割負担で片目のみの処置で(検査費等含まず)

 

36万9千円となっていて高額療養費制度の還付はされません。

 

何故なら36万分が自費分となるからです。

 

高額療養費制度の還付は受けれませんが生命保険の先進医療特約を付けてると全額が支払われるケースも有ります。

 

確実に外科的処置という方法で完治させるという選択をされる方も勿論居ると思います。

 

色々考えた上で、本人も納得した上での結論ですので必ず納得いく結果が得られる事と思います。

 

けれど、この費用を見て、やはり躊躇う人も居ると思います。それでも、見える事を諦めないで欲しいと思います。

 

だから当サイトは「c-nac」を勧めたいです。

 

進行を食い止める目薬から完治に導けるまで進化した「c-nac」に是非賭けてみて欲しいと思います。見える喜びは皆、共通である必要があります。

白内障の原因

 白内障の原因は加齢によるものという認識が強く根付いてますが。必ずしも、そうではない事が明らかになってきました。

 

最近は若年者にも白内障の危機は迫ってます。背景にある原因は何でしょう。色々と調べて参りました。

 

20代や30代、時には10代の人にも見られる老人性でない白内障を若年性白内障
(別名、併発性白内障)といいます。

 

老人性白内障とは違い、水晶体の濁りのスピードが早いのが若年性白内障の特徴ともいえます。

 

若年性白内障の要因とされてるのが網膜剥離や糖尿病・アトピー性皮膚炎などの全身病が挙がってます。

 

また栄養失調などでも白内障を併発するケースが有る他、遺伝だったり副腎皮質ホルモン・ステロイド・抗精神病薬等の副作用で進行するケースが有り、原因の特定には残念ながら至っていません。

 

そもそも、水晶体は本来、弾力性に富んでいて軟らかく透明性を保っているのですが、これには「クリスタリン」というタンパク質と「ヒアルロン酸」というアミノ酸の結合体が不可欠なのですが。

 

加齢で次第に代謝が滞るのに加え、水晶体を作るタンパク質が酸化するため、水晶体に濁りが生じるのです。

 

濁りを引き起こす要因として、活性酸素(エネルギーを作り出す時に発生する毒性の強い酸素のこと)が原因という見方が強くなってます。

 

これが必要以上に発生すると脂肪やタンパク質と結合し過酸化脂質という物質に変わり、これが細胞膜の構造を破壊して老化がが進み、様々な病気を起こします。

 

では何故、若い世代も広がりつつあるのでしょうか。その要因として一部ではストレス・運動不足・食生活の偏り喫煙が背景にあるとされてます。

 

特に食生活の偏りに注目する専門家は多いようです。ここ数十年で欧米風の肉類・乳製品を中心とした食生活が定着してます。

 

特に若い世代では野菜をあまり好まず、脂肪を取りすぎる傾向にあります。

 

野菜の摂取量が減ると必然的に緑黄色野菜に多く含まれる目に、とても良い働きをしてくれる、「ルテイン」等が極端に不足してしまいます。極力はバランスよく食べましょう。そして適度に体を動かしましょう。

 

 

また緑黄色野菜を意識的に摂取して「ルテイン」を取り入れても過労、喫煙、ストレスなどが「ルテイン」の吸収能力を低下させてしまうとも言われてます。

 

残念ながら取り巻く環境の激変により発症年齢は低年齢化したけれど医学の進歩も負けてはいません。can-cがあなたの目を救います。

白内障目薬の効果

 開発された白内障目薬の話をする前に、まず白内障について色々と紐解いていってみましょう。

 

まず、目の疾患の一つというのは言うまでも無いのですが。以前は「白底翳(しろそこひ)」と呼ばれていたそうです。

 

ま、呼び名は余り重要ではないので、次に行きましょう。まず、多くの人が気になってる原因ですが。多くは加齢に伴います。

 

45歳以上の方に多く、年齢を重ねるにつれ割合が増加してます。80代になってくると、殆どの方が何かしらの形で白内障の症状を起こしてるとされています。

 

但し、進行速度には個人差がかなりあり、必ずしも目が見えにくいという症状に至るわけではないとされてます。

 

また、老化以外でも白内障を発症するケースもありますので以下にまとめます。

 

眼内炎やぶどう膜炎などの炎症、網膜剥離など目の病気の合併症。

 

糖尿病やアトピー性皮膚炎の合併症、筋緊張性ジストロフィーやタンパク質の極端な不足。

 

また胎内感染で風疹が原因になる等何かしらの疾患が引き起こす事も有ります。

 

外的な要因で多いのは、日焼けマシンによるものだったり原爆・レントゲン等の放射線被曝が原因となるケースもあります。

 

これ等の要因で発症した患者と加齢により発症した患者と区別する為に加齢により発症した場合は「加齢性白内障」と呼んでいる。厄介なのは糖尿病による白内障の場合です。

 

普通より年齢10年分くらい進行が早いといわれています。

 

けれど、諦めないで下さい。当サイトが満を持して勧める白内障目薬can-cのジェネリック「c-nac」が有ります。

 

さて、ここでプチ情報!あくまで素人が作ってるサイトですので或いは至らぬ点も多々目につくことと思いますが。

 

上記に挙げた眼内炎とぶどう膜炎について、まとめました。

 

眼内炎

ぶどう膜炎

眼内炎とは、眼の中で起こる感染症で 眼の怪我(手術の切開部を含む)・血液感染により起こる。自覚症状として強い目の痛み充血・視力低下が起る。

非常に稀ではあるが、血流に乗って、眼に入った微生物によって起こるケースもある。

眼内炎は、とにかく緊急を要する病気で、通常は視力を守るために、抗生物質による治療を直ちに開始する必要がある。

 

特徴として、充血、眼痛、比較的急激に視力障害をきたす。また、全身疾患によっておこることが非常に多く、全身精査が必要なことも多い。自覚症状として、三叉神経刺激による充血、羞明(しゅうめい)、疼痛、流涙、視力低下、飛蚊症、調節障害が起こる。不適切な点眼や通院の自己中断はぶどう膜炎の活動性を高め、予後を悪化させて、場合によっては失明に至る事も有るので眼科医の指示に従って通院し、適切な点眼、内服治療を受けることが必要です。

 

このように怖い疾患を経て白内障になってしまったとしても、どうか諦めないでください。

 

 

白内障目薬手術後ベスト

白内障の手術後はどのようにしたらいいのでしょうか?

 

白内障は加齢が原因で目の中のレンズの役割がしている水晶体が白く濁ってきて最後は目が見えなくなる病気です。
目が見えなくなるというのは恐怖との戦いだと思います。

 

どんな健康な人でも目が見えなくなる恐怖感には誰もが押し潰されそうなるかもしません!!

 

でも今では医学が発達して白内障の手術をしなくてもよい目薬がでてきました。

 

それが「Can−C」です!!

 

「Can−C」は2010年にアメリカで認可された最新の白内障治療薬(目薬)です。

 

副作用の報告もなく安全の高い目薬なんです。

 

「Can−C」は点眼するだけで白内障の進行を止めるすばらしく画期的なお薬なのであります。

 

水晶体が加齢で白く濁るのは年齢によって抗酸化がおとろえてきて水晶体のタンパク質が酸化性するからです。

 

「Can−C」の成分Nアセルカルノシンは抗酸化作用で

 

水晶体のにごりを止める働きがあります。

 

かなり進行をした白内障は手術で治療を致します。
手術は安全で手術後はその日のうちに帰宅できますのでなんの問題もありません。
手術後は順調に回復します。

 

「少し白内障がでている」「手術をしなくても大丈夫だ」と言われたらどうしますか?
「Can−C」で白内障の進行を止めておくこともできます。


ホーム RSS購読 サイトマップ